【日記】介護職は楽しいものの複雑な気持ちを抱くときもある

介護

今日も楽しく仕事してきたBlue_bird(@Bluebir70133317)でございます。

介護職に就いて3ヶ月ちょっと経過しました。最近は少々面倒くさい人間関係に巻き込まれつつ、先輩に相談したり自分自身のメンタルケアをガンバったりして、何とか乗り越えているところです。ヨカッタ、ヨカッタ。

SNS界隈では、同僚・先輩・利用者さんとの人間関係が難しいとか、ブラック施設で職場環境の改善が見込めないとか、大変なストレスを抱えながら仕事をされている方がたくさんいらっしゃいます。実際は仕事が好きなのに、ストレス過多な現状に嘆いている介護士さんの多さに胸が痛くなります。同時に、私が勤めている施設は良い先輩が多くて、本当に恵まれているなぁと実感中…ありがたい。


最近は湿度が下がって、若干の暑さはあるものの気持ちの良い晴天が続いていますね。しかも10月は本格的な行楽シーズン!私が働いている施設でもお出かけ企画があるので、すっごく楽しみ。ふふふふふふふ…。もちろん浮かれすぎないように、気を引き締めて職務に当たるつもりですがね!

普段でも散歩に出るとかスーパーに買い物に行くとか、利用者さんとちょこちょこ外出はします。中には外に出たがらない方もいらっしゃるんですが、10分くらいの外出であっても嬉しそうな顔をされる方もいて。特に車椅子だと自由気ままに外出できないから、笑って喜んでもらえると私も幸せな気持ちになりますよ。

とはいえ、その幸せは単なる私の個人的な感情であって。

職業柄、利用者さんの病気が進行する瞬間にはちょくちょく出くわします。病識のある方だと「ああ、今不安を感じているんだな」とわかるときもありますしね。ちょっとした外出で喜んでくれたからといって、利用者さんが抱いている気持ちすべてが幸福に染まるわけではないので、まぁ何というか、複雑な気持ちも抱きます。

施設での暮らしって、何気ない日常とは対局にあるのかもしれません。大勢の入居者と複数の職員が行き来する場所だから、少なくとも家族オンリーの自宅とは環境が変わりますよね。だからこそ少しでも穏やかな日常を送ってほしいし、そのために少しでも役に立てればなぁと、じわじわ思っている私でございますよ。こう思えるのも、やっぱり職場環境が良いからなんでしょう。

職場環境が良い=職員が気持ちよく働ける=良い空気を作れるので利用者さんの精神状態も安定しやすい

利用者さんの状態にもよるので必ずしもこうはならないでしょうが、みんながwin-winになるには少しでもネガティブな要素は改善していかないとですよね。願わくば、業界全体がそうなって欲しいです。ホント、早くね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました