【短いコラム】専門分野は自分なりに追いかければいいんじゃね?

【短いコラム】専門分野は自分なりに追いかければいいんじゃね?

専門と専門外なら、専門分野のほうが断然書きやすいもの。昨日、久しぶりにwebライター関連の記事を書いて改めて思いました。

webライターをやっていた頃はまったく自信がなくて、とにかく仕事をすることで、自信のなさを埋めようとしてました。まぁ結局、全然自信はつかなかったんですが。それでも3年間、苦労しつつ自宅にこもって書き続けたかいはあったのかなと、ちょっと感じてます。

今はガッツリ介護職。ですが、急に「介護系の記事を書け」と言われても、webライター関連の記事ほどガーっとは書けません。なんせ、介護職→2ヶ月半、webライター→3年ですから。

なんだかんだ経験の差が出るものなんですね。介護に関しては、私なりの介護観なんてまだまだ模索中だし、今やっと実務者研修の教科書を読み始めたばかりだし、まぁ、ホントに書けないです。何を書いて良いのか思いつきもしない。


webライター時代は、専門分野を決めてしっかり勉強したいと思っていて、その気持ちは今も変わっていません。

ただ、それとは別に、これまで長く経験してきたことや大好きなことなら、学校やら教科書やらで勉強をしなくても、十分、専門分野として誇れるんじゃないかしらと、つい昨日思いました。今までは、経験が長かったり好きだったりするだけで、特に勉強している分野ではないものを「専門」と名乗るのに抵抗があったので。

でも、好きな分野はもちろん、たとえ好きではなくてもしっかり経験した分野なら、専門外の分野よりは実感を持って書けます。読者の悩みに対して、自分なりの結論を提示できる。もちろん、クライアントからの依頼で書く文章なら、好き勝手は書けません。それでも、自分の経験を踏まえた上で説明できるから、説得力は段違いですわね。

以前はちょっと、必要以上に自信なさすぎだなと自分で思います。

好きなら自分の視点で自分なりに追いかければいいじゃないの。自分なりに極めれば。

webライターを休業して初めて気付くというね……。遅いわ(笑)

あーでも、webライター業から離れているからこそ客観視できるようになった、っていうのはあるんでしょうね、多分。今は介護をすごく楽しんでやっているから、こう思えるっていうのもある。休業前は頭の中がすごい煮詰まってしまって、精神的に追い詰められていたし。在宅ワークで外出もせず、家族以外とは会話もせずひたすら仕事だけをしていたら、そりゃあ煮詰まりますわ。


介護を始めたばかりの頃は、ただただ「楽しい」だけだった私も、最近は少しずつ疑問や悩みが出てきて、先輩に話を聞いてもらっています。それで気持ちが軽くなったり、ときには利用者さんに慰められたり。

もともと人付き合いの苦手な私も、引きこもり状態から久しぶりに外に出てみて「人との関わりも悪くないものだな」なんて珍しく思っています。

いくつになっても、こうやって成長していくものなんだわ、人って(しみじみ)。はー。早く胸を張って「専門は介護です!」って言えるようになりたいですわ。