2年半の利用で実感したサグーワークスがおすすめの人

Webライター

私のWebライター歴はサグーワークスの利用歴とほぼイコールです。2018年現在で2年半くらい利用しています。これまでの実体験から、サグーワークスがおすすめできるのはどんな人なのか、私なりに紹介していこうと思います。

Webライター初心者

初心者にとってマッチング系クラウドソーシングは難しい気がする

Webライターが仕事を得る方法としては、クラウドワークスやランサーズなどのマッチング系が有名ですよね。でも、初心者や未経験者がマッチング系で仕事を得るのは、少々難しいんじゃないかと個人的に思っています。もともと文章を書くのが得意な人、コミュニケーションスキルに自信がある人なんかはいいんじゃないかと思いますけど。高いお金を出して初心者に記事を書いてもらいたいと思うクライアントは、まずいないと思うので…。

私は、文章を書くのが得意ではなかったし、Webライティング初心者の自分がどうやって仕事を取っていくべきか想像もつかなかったので、在宅ワークを始めるにあたって、マッチング系クラウドソーシングは選択肢に入りませんでした。

私がサグーワークスを選んだ理由

  • クライアントとのやり取りが一切ない点
  • 提出物に対して運営からフィードバックがある点
  • プラチナライターになれば高収入が期待できる点

この3点が、サグーワークスを選んだ理由です。

レギュラーライターでもフィードバックはありますが、プラチナライターになったほうがより細かくフィードバックが受けられます。ただ、一生懸命書いた記事に対してフィードバックがあると、人によっては心折れそうになることがあるみたいですね。私はあまりないんですが…。まあ、人格否定されているわけではないし、文章が下手なのは当たり前だと思っているので、そこまで堪えないんですよね、ホホホ…。

文章上達にフィードバックは必要ですよね。自分の欠点がわからないと改善のしようがないので。数をこなせばライティングには慣れてきますし、どういった点が良くないのか、フィードバックを受けているうちに理解できるようになってきます。ライティングスキルが上がってくれば自信もつきますし、マッチング系クラウドソーシングでの活動も視野に入ってくるのではないでしょうか。

副業でWebライターをやりたい人

副業としてサグーワークスを利用する場合でも、プラチナライターになっておけば3万~5万円程度は稼げるようになってくると思います。

プラチナライターの仕事にはタスク案件と専属案件があります。

  • タスク案件→早いものがちで記事を書いていく案件
  • 専属案件→特定のライターのみが行う案件

タスク案件は、気が向いたときにできるのがメリット。専属案件は、ほかの人に案件を取られることなく仕事に取り組めるのがメリット。ただし、締切があるので、本業を持つ人だと複数の専属案件を受けるのは厳しいかもしれません。

タスク案件のほうが1件の単価は安いですが、気が向いたときに一気に案件を消化すれば、ある程度稼げると思います。逆に、高額の専属案件に取り組めれば、1案件で数万円稼ぐことも可能。効率の良い稼ぎ方ができます。

Webライターとしてステップアップしていきたい人

2018年11月現在、サグーワークスではライティングのほかに記事の企画をする仕事があります。登録したばかりの時期は主にライティング案件をこなしていくんですけど、慣れてくると企画の仕事にも応募できるようになります。

企画案件とは、プラチナライターやレギュラーライターのために記事構成を考える仕事です。読者設定、タイトル、見出し、ライティング内容なんかを作成していきます。

企画案件のメリットは、ライティングが楽にできるようになってくる点。私がそうだったんですけどね。ライティング案件に取り組む際、どういう内容にしたら必要な文字数を埋められるか、1つの段落内をどういう構成にしたら読みやすい文章になるか、わかるようになってくるんですよね。Webライターとしてスキルアップするなら、ライティング案件だけではなくて、企画のお仕事もおすすめです。

SEOライティングの基礎を身につけたい人

ライターに対して、サグーワークスからSEOに関する講義があるわけではないんですけどね。でも、サグーワークスは「SEO効果の高い高品質なコンテンツ」を売りにしているので、サグーワークスで書き続けていればSEOライティングも自然に身につくのかな~と。サグーワークスへの発注数も年々上がっているようなので、成果が出ているのでしょう。

サグーワークスでライティングをしている間は、SEOの現状を把握しながらライティングできるのかなぁとか思っています。

参考URL:高品質な記事作成代行・ライティングの依頼・外注のサグーワークス

運営の方針に素直に従えるWebライター経験者

これ、「素直」ってところがミソだと思うんですけどね。経験者といっても、素地が違えばサグーワークスの方針が合わない人もいると思うんですよ。良い記事かどうか、文章がうまいかどうか、人が変われば評価も変わりますから、これまでうまくいっていたからといって、サグーワークスで評価されるとは限りません。運営の方針に合わせて柔軟な対応ができる経験者は強いんじゃないかなぁと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました