JetpackだとTwitterカードが反映されないけどそれでもいいと思った件

日記

ブログ記事をアップしたときにSNSへ自動投稿できると、非常に便利ですよね。
FC2ブログを運営していたときは、設定画面で簡単にSNS共有ができたので楽でした。
WordPressだと、プラグインを使用するのが一般的なのでしょうか?
SNSの自動投稿にはJetpackがよく使われているようで、私も導入しました。

JetpackだとTwitterカードが反映されない問題

WordPressとTwitterをJetpackで連携して自動投稿すると、Twitterカードが反映されません。
リンクと画像が別々に表示されてしまいます。

↓こんな感じで。

↓本当はTwitterカードで表示させたい

ネットで検索をかけたら、同じような内容で困っている人が結構いましたね。
私もいろいろ調べてみたんですが、最近は自動投稿できればTwitterカードじゃなくてもいいかと思った次第。

TwitterカードってTwitter公式アプリでしか反映されなくないですか?

TweetDeckとかついっとぺーんとか、公式以外のアプリだと、Twitterカードどころか画像も出ない。文章とリンクだけになってるんですよね。

↓こんな感じで

ほかのアプリは使ったことがないのでわからないのですが。

公式アプリ以外で反映されないなら、別に無理してTwitterカードを表示させる必要はないのかなぁと思いました。

自動投稿でTwitterカードを反映させる方法

  • FacebookとTwitterをJetpackで連携させて、WordPressからFacebookに自動投稿する
  • SNS同士を連携させるIFTTTというアプリを使ってWordPressとTwitterを連携させる

自動投稿でTwitterカードを反映させる方法は、上記2点を見かけました。

Facebookはほぼ使っておらず、今後も使うつもりがないので、個人的には却下です。
FacebookとTwitterの両方を自動投稿にしたい人なら便利な方法ではないでしょうか。

IFTTTはInstagramとTwitterを連携させるのに使っているので、使い勝手はなんとなくわかります。
Instagramの投稿をTwitterに反映させる場合、Instagramにもともとある機能を使っても、Twitterには画像が表示されないんですよね。
Instagramの画像をTwitterでも表示させたいときにIFTTTで連携させると、Instagramの画像がTwitterにも表示されます。

IFTTT、便利なアプリですよね。結構気に入っています。
ただ、InstagramからTwitterに反映されるまでの時間が長い気はします。
30分くらいかかるときがあるので、WordPressとTwitterを連携した場合はどうなんだろ~。
すぐに反映されるのかな。

とりあえず、公式以外のアプリでTwitterカードが反映されるようになったら、また考えるかなぁ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました